Japan
Marsh Worldwide
Japanese | English
 
お問合せ
 

リコール保険について

リコール保険とは

 近年、全世界的に消費者保護の推進を目的とする法律の整備が進み、製品の安全基準が年々高まる状況において、消費者嗜好の多様化による製品ライフサイクルの短期化、技術革新による製品改良の高頻度化、企業のブランドイメージ保守の強化により、リコールの発生頻度はますます高まる傾向にあります。例えば自動車業界に代表される使用部品の共通モジュール化は一回のリコールの対象車種を増加させ、結果的にリコールに係る総費用が高額になります。

 市場に供給した製品の安全性に問題が判明しリコールを実施する場合、企業は様々な費用を負担しなければならず、その結果、多額の経済的損失を被ることになります。リコール保険は、この経済的損失に対してバランスシート上のプロテクションとなります。その付随的なサービスの一つとして、私たちは危機的状況におけるブランドイメージの毀損を最小限に食い止める為の専門家的なアドバイスを提供し、リコールを実施する企業をサポートします。

 リコールの実施を最終的に決定する主体は完成品メーカーです。ただし、その原因となる欠陥が完成品メーカーにとって第三者の部品メーカーが供給する部品に存在する場合、部品メーカーは完成品メーカーからリコール費用の一部もしくは全部について求償を受ける可能性があります。リコール保険では、完成品メーカーがリコールで生じた費用を補償する保険契約をFirst Party Recallと呼び、部品メーカーが完成品メーカーに対するリコールの損害賠償責任を補償する保険契約はThird Party Recallと呼び、保険引受け上区別して取扱われています。

 リコール保険の引受け方法は保険会社により異なります。リコール(費用)保険として単独の保険契約として引受けられるケースと、製造物賠償責任事故との関連性が高いことから製造物賠償責任(Product Liability)保険の特約(追加オプション)として引受けられるケースの2種類があります。

部品メーカーのリコール関連賠償責任リスクについて

リコール保険について

Contact Us

お問合せ


サービスのご紹介


リコール保険について